異性にお金を貸すにあたって

男女のトラブルに金銭が絡むと最悪です。男性の場合、付き合っている(と思っている)彼女から〇〇な理由で必ず返すから少し貸して欲しいと頼まれると、断ることは難しいのではないでしょうか。
付き合っても何でも無ければお金を貸して欲しいなんてことは言われることは無い(と信じている)ので、借金の申し入れがあればそんな意味で喜んでしまうという単純さがあるように思います。


でも大体がこれは大きな(実は当たり前な)勘違いで、お金を貸した次の瞬間に連絡がとれなくなったりするという話を聞いたことがあります。(私のことではありません。念のため)当然借用書なんてありませんし、そんなものを事前に要求出来る立場でもありません。


彼女の方も証拠が残るようなメール依頼ではなく、電話よる依頼で後で借金の有無を証明するものなどないのです。
その時、彼氏は頭が真っ白になってただ途方に暮れるしかありません。無理やり探して問い詰める気力も無いのです。
あとはそれを人生の勉強代として、これから力強く生きていくしかないのです。


ただ、もしここで何らかの証拠が残っている場合、そして彼氏に気骨がある場合、少なくともお金を返してもらうことは出来るのでしょうか。
自分を騙した彼女に直接会って対決することが出来るか、彼女は多分もう会ってはくれないと思いますがもし会ってもいいとなっても、新しい彼氏を連れてくるかも知れません。そうなると話はますますやっかいな方向に行くでしょう。それは容易に想像できます。
ここは、法的な手段に頼るしか無いかも知れません。つまり裁判ということになります。
基本的に貸したお金を返すように請求する場合、貸した方がその法的根拠を示す必要があります。つまり、お金を渡したこと、そのお金を返すことを約束していたこと、をです。


いつまでに返すと決めていなくてもそれは問題ありません。貸していることが証明できれば、あとから何時までに返してと要求することが出来るからです。
そう、問題はお金を貸したことが証明出来るか、ということに尽きます。最初に書いたように、お互いの立場もあり、借用書などを交わしている例はほとんどありません。直接の証拠は無い場合が多いということです。


彼女に私お金がもし銀行振り込みならその通帳や振り込み明細は立派な証拠になります。お礼のメールなどもそうです。誰かそのことを知っている人が居て協力してもらえるならそれも証拠になります。


もしこれらの証拠や承認がいた場合、あとは如何に説得力ある説明が出来るか、相手(彼女)がどう切り替えしてくるかかその時はどうするかなどは専門家の力を借りたほうがいいかも知れません。弁護士です。
この手のトラブルは直接の証拠は難しくてもそれなりに重要な事実関係や証拠になりそうなものが見つかる可能性はあります。手遅れにならないうちに弁護士へ相談するほうがいいでしょう。

お金というものは時に人間関係を壊すときがあります。お金の切れ目が縁の切れ目です。お金を貸す方は、「返ってこない」と思って貸しましょう!借りる方もできるだけ人には借りず、銀行や消費者金融などからちゃんと借りるようにした方がいいです。最近では無利息キャッシングができる所もあるので上手く利用できますよ。 参考サイト→http://expoalcultur.org/