お金のトラブルについて

出来れば周りの人達と上手くやってきたいものです。別に事なかれ主義という訳ではありませんが、トラブルが起きる事無く本来するべき仕事や学業に集中出来ればそれが一番です。トラブルにはいろいろあって、事故や病気も含まれますが、お金のトラブルはある程度避けられるものではないでしょうか。
お金のトラブル。まず思いつくのは他人との貸し借り、そして自分自身の借金でしょうか。


自分自身の借金はこれは自分自身の計画性の問題が大きいですね。クルマやマンション、ショッピングや旅行などは自分で決められる事ですので、使い過ぎになれば後で自分が困るだけです。ただ計画以外の出費もあるでしょう。いろいろな理由で急な出費が発生することがあるかも知れません。でもこれもそういった不慮の出来事に備える保険にあらかじめ入っていればある程度の対処は可能かも知れません。


実際には自分の管理するお金をどこまで自分でコントロール出来るか。これはなかなか難しい問題で、人生の計画性と不慮の事態への備え、これは必要なことだと思います。それからやっかいなのが他人とのお金の貸し借りです。これは単にお金のやりとりではありません。他人とのトラブルの危険を含んでいます。保険では対応出来できません。


これは避けられることなのでしょうか。お金のことだけを考えるなら避けられると思います。
借金を頼まれても貸さなければいい話ですし、どうしても貸さなくてはいけないなら、表面上はともかくそれは返してもらうことを期待しない、あげたことにすればいいのです。でも実際にはそんな簡単な話ではありませんよね。そこには人の感情があるからです。トラブルを起こしたくない、なんて自分の都合だけで済む話でも無いのです。


借金を頼まれる位ですから、ある程度親しい関係の人が相手になります。本来ならこれからもずっといい関係でいたい人のハズです。
でもお金を貸して欲しい、と言ってきた段階でこれまでのいい関係は分岐点を迎えてしまいます。いい関係を優先するか、お金を優先するか、瞬時に決めなくてはいけない状況に陥るかもしれません。


貸してもこれまでと同じようないい関係は続けられるのか、返してもらえなかったら例え自分のなかではあげたつもりでいても、相手はそうは思わないでしょう。避けてくるはずです。やはりいい関係の継続は難しくなります。


もし返して貰えそうになかったら、その相手は自分のことをその程度としか思っていなかったということになるかも知れません。そうであれば残念なことです。
貸しても予定通りにちゃんと返ってくる、という場合以外はあまり良い結果になりそうにはありません。それは相手しだいですので、それに期待するしか無いでしょう。マンションなどを早めに買うことのメリットに、他の人からの借金依頼を上手く断れる理由になる、というのが追加出来るかもしれませんね。